タイヤ交換をする値段はインチによって違う

タイヤ交換

タイヤ交換をする理由

自家用車

タイヤ交換をするためにはタイヤチェンジャーという専用の機械が必要となります。そういった機械があるガソリンスタンドやカー用品店であれば交換してもらえます。その際の追加オプションで不要なものを除くと値段を抑えることができます。

もっと見る

ホイールサイズの変更

タイヤ

タイヤ交換で最も値段に差がでるのは、インチによる違いです。13インチや14インチに比べると17インチや18インチほどのサイズのものだと2倍近くの交換費用が必要になってきます。

もっと見る

タイヤ交換時のオプション

男性と女性

車やバイクといった車両にはタイヤがなければ走ることができません。そんな重要な役割を担っているタイヤは走行していると次第に摩耗していきます。その後、スリップサインが出てくる辺りまできたら交換が必要です。タイヤ交換をするとなった場合は、ガソリンスタンドやカー用品店などで交換してもらうことができます。その交換にかかる値段はタイヤのインチによって値段が異なります。タイヤのインチは軽自動車サイズであれば、13インチや14インチといったサイズが平均サイズですが、SUVやワンボックスカー、セダンなどは17インチや18インチあたりが平均的なサイズになります。このサイズの違いだけでタイヤの値段が倍も違います。例えば、軽自動車の13インチや14インチのサイズは平均的に約3000円から4000円ほどの値段ですが、SUVやワンボックスカーなどの大きな車両で履いているサイズでは、1万円や2万円といった料金になります。また、地方によってはタイヤを2種類ほど使い分けをする必要があります。寒い地方で車を走らせるのであれば、スタッドレスタイヤが必要になります。タイヤ交換時にはタイヤの種類では値段は変わりません。
タイヤ交換の際の値段は、その時につけるオプションの数や種類でも変わってきます。空気の抜けにくい窒素を充填するとなった場合の追加料金や、バルブ交換、バランス調整などのオプションが追加料金として加わります。また、タイヤ交換の料金やオプション料金は店舗によって異なるので、どこが安いのかはネットなどで調べてみるとよいでしょう。

タイヤ交換で必要な料金

車に乗る男性

タイヤは長期間に渡って使用していると摩耗して次第にスリップしやすくなってきます。スリップによって事故を起こさないために早めにタイヤ交換しておきましょう。交換時にかかる値段にはオプションでかかる内容も込みでお得に交換できることもあります。

もっと見る